▼色合いの変更 標準 | 1 | 2 | 3 |
▼文字サイズ変更 標準 大きく 小さく
トップ子ども会育成連合会 > 日立市子ども会育成連合会会則

日立市子ども会育成連合会会則

    日立市子ども会育成連合会会則
 

     第1章 総則

 

   (名称)

第1条 本会は、日立市子ども会育成連合会(以下「市子連」という。)と称す。

 

   (事務局)

第2条 本会の事務局は、日立市教育委員会内に置く。

 

   (目的)

第3条 本会は、市内の各小学校区子ども会育成連合会(以下「学子連」という。)と連絡、

    協調を図り、子ども会の健全な育成と発展に寄与することを目的とする。

 

   (事業)

第4条 本会は、前条の目的達成のため、次の事業を行う。

(1)子ども会、育成会活動に関する総合的企画、研修及び指導。

(2)各学子連との連絡調整と指導。

(3)子ども会の年間行事に関する計画及び指導。

(4)子ども会育成者・指導者養成に関すること。

(5)子どもリーダーの養成に関すること。

(6)その他目的達成に必要なこと。

 

   (組織)

第5条 本会は、運営を円滑に行うため学子連を4ブロックに分け、次の事業を行う。

ブロック名

学     子    連     名

北部ブロック

十 王、豊 浦、日 高、田 尻、滑 川、中 里

日立ブロック

仲 町、宮 田、中小路、助 川、会 瀬 

多賀ブロック

成 沢、油縄子、諏 訪、大久保、塙 山、河原子、金 沢

南部ブロック

大 沼、水 木、大みか、久 慈、坂 本、東小沢

(1)市子連事業のブロック内調整及び事業の遂行

(2)新任指導者講習会

(3)日立市子どもまつり

(4)日立市子ども会動物園写生会

(5)指導者、育成者の発掘、育成事業、子ども会加入の促進

2 次のとおり専門部を設け、事業等を担当する。

(1)総務部

  イ 事業の運営推進、事務局との調整に関すること。

  ロ 第13条の会議に関すること。

  ハ 市子連組織及び役員に関すること。(市子連役員推薦委員会が選出する件については除く。)

  ニ 会則及び規程の改正等に関すること。

  ホ 市子連役員・学子連役員合同研修会の企画、立案。

  へ YLCの育成。指導助成の企画立案。

  ト 指導部、広報部、文化体育部所管外事業の調査、研究企画運営に関すること。

(2)指導部

  イ 子どもリーダーの研修、指導及び本条第3項に関すること。

(3)広報部

  イ 子ども会、育成会活動及び市子連事業の広報に関すること。

  ロ 日立市子ども会育成会だより、子ども会ニュース編集発行、ホームページの管理。

(4)文化体育部

  イ 文化的事業及び体育的事業の運営推進に関すること。

  ロ ドッジボール審判員の養成確保、講習、研修に関すること。

  ハ 日立市ソフトボール協会との連絡調整。

3 子どもリーダー養成のため、次のとおり会を設ける。

(1)日立市子ども会連合会(以下「子連会」という。)

  イ 各学子連から、小学生若干名を募る。

(2)日立市中学生リーダー会

  イ 市内中学生希望者

 

     第2章 役員

 

   (役員の構成)

第6条 本会に、次の役員をおく。

 会長             1名

 副会長            3名(総務部長、ブロック長、専門部統括)

 ブロック長     各ブロック1名

 専門部長         各部1名

 書記             2名

 会計             2名

 常任理事        25名以内

 理事          35名以内

 会計監査           2名

 顧問            若干名

 相談役           若干名

 副ブロック長        若干名

 専門部副部長        若干名

 特別委員          若干名(必要に応じて)

2 役員は、各学子連の会長及び関係機関団体の代表者、一般育成者、並びに指導者

等で構成する。

   

   (役員選考委員会)

第7条 前条の役員を選出するにあたり、市子連役員選考委員会(以下「選考委員会」という。)を設ける。

(1)第1次選考委員会(会長を選考する。)

   構成委員は、副会長、ブロック長、専門部長とする。

   (上記委員から正副委員長を選出する。以下同じ。)

(2)第2次選考委員会(副会長を選考する。)

   構成委員は、選考された会長、ブロック長、専門部長とする。

(3)第3次選考委員会(専門部長、書記、会計、会計監査を選考する。)

   構成委員は、選考された会長・副会長、ブロック長とする。

2 選考方法等詳細については別に定める。

 

 

   (役員の選任)

第8条 会長、副会長、専門部長、書記、会計、会計監査は、選考委員会で選考され、

    選考委員会委員長が常任理事会で報告し、総会の承認を得て選任する。

2 正副ブロック長は、常任理事会で報告し、総会の承認を得て選任する。

(1)正副ブロック長は、各ブロック会議で選考する。

3 常任理事、理事は、総務部会で選考し、総会の承認を得て選任する。

4 顧問、相談役は、総務部会で選考し、会長が委嘱する。

(1)顧問は、会長歴任者、上部団体役員経験者、副会長10年以上の歴任者とする。

(2)相談役は、顧問に準ずる経歴を有する者、関係機関団体等の者とする。

5 会長は、常任理事、理事、特別委員を若干名委嘱し、総会の承認を得て選任すること

ができる。

 

 

   (役員の職務)

第9条 会長は、会務を統括し会議を招集する。

2 副会長は、会長を補佐し、会長に事故があるときは、これを代行する。

3 副会長は、各ブロックの統括及び各専門部の統括並びに総務部を掌握する。

4 ブロック長は、選出されたブロックを掌握する。

5 書記は、会議等の記録を行う。

6 会計は、予算、決算の管理、金銭の出納及びその記録、全国子ども会安全会の事務を行う。

7 常任理事は、会務を担当する。

8 理事は、総会または常任理事会の決定事項に基づき、会務を掌握する。

9 会計監査は、会計及び会計執行の状況を監査し、その結果を総会に報告する。

10  副ブロック長、専門部副部長は、それぞれの長を補佐し、長に事故があるときは、これを代行する。

11  顧問、相談役は、会長の要請により常任理事会及び専門部会に出席し、意見を述べることが出来る。また、会長の要請により専門部会にも所属することが出来る。

12  特別委員は、会長が特別に諮問する事項を担当する。

 

 

   (ブロック役員)

第10条 ブロックに、正副ブロック長のほか、次の役員をおく。(ブロック内役員の互選とする。)

(1)書記    若干名

(2)会計    若干名

2 ブロック会議の構成員

(1)学子連会長、学子連副会長、ブロック内在住市子連役員

 

 

   (専門部役員)

第11条 専門部に、正副部長のほか、次の役員をおく。(専門部内役員の互選とする。)

(1)書記    若干名

(2)会計    若干名

(3)広報担当  若干名

 

 

   (役員の任期)

第12条 役員の任期は2年とし、改選期は4月とする。ただし、会長の任期は連続5期まで10年を限度とする。他の役員は再任を妨げない。

(1)補欠役員の任期は、前任者の残任期間とし、総務部会で選出し、第13条の会議で承

認を得て選任する。

 

 

     第3章 会議

   (会議)

第13条 本会の会議は、次のとおりとし、議事は出席者の過半数の同意により決定する。

(1)総会

(2)臨時総会

(3)常任理事会

(4)理事会

(5)特別委員会

2 会議の議長は、総会及び臨時総会を除き、会長または副会長(総務部長)がこれに当たる。

3 学子連会長は、上記の会議に代理出席させること、及び学区副会長を同席させることができる。

 

 

   (会議の開催、会議事項)

第14条 総会は、市子連役員及び学子連事務局教諭1名をもって構成し、毎年度初めに開催し、次の事項を議決または承認する。

(1)事業報告並びに決算報告に関すること。

(2)事業計画案並びに予算案に関すること。

(3)役員の選任に関すること。

(4)その他必要事項。

2 臨時総会は、会長が必要と認めたとき、または役員の過半数の要請があったとき開催する。

3 常任理事会は、会長、副会長、書記、会計、常任理事をもって構成し、随時開催する。

(1)常任理事会は、重要事項の審議及び企画運営にあたる。

4 理事会は、会長、副会長、書記、会計、常任理事、理事をもって構成し、会議を必要に応じ会長が招集する。

(1)理事会は、本会と各学子連運営活動の連絡調整を行う。

5 特別委員会は、会長が諮問する事項について調査研究を行い、答申する。

 

 

     第4章 経費

 

 

   (経費)

第15条 本会の経費は、会費、助成金、寄付金、その他の収入をもってあてる。

2 会費の額は、学区単位子ども会登録会員1人あたり年額200円とする。

3 市子連会員となったときは、全国子ども安全会に同時加入しなければならない。

 

 

   (会計年度)

第16条 本会の会計年度は、毎年4月1日から翌年の3月31日までとする。

 

 

     第5章 その他

 

 

   (慶弔)

第17条 市子連役員の慶弔に関することを、次のとおり定める。

(1)死亡弔慰

  イ 役員本人(顧問・相談役を含む)   香典 10,000円

  ロ 本会を代表して会長が式に参列し、弔慰を表す。

2 他の慶弔に関することは別に定める。

 

 

   (別に定める規程、要項等)

第18条 事業をより推進するためのほか、別に詳細に定める。

(1)日立市子ども会表彰規程

(2)日立市子ども会連合会規程

(3)日立市中学生リーダー会規程

(4)市子連役員選考委員会規程

(5)市子連役員慶弔規程

(6)日立市子ども会親善球技中央大会実施要項

(7)日立市子ども会動物園写生会開催要項

(8)日立市子ども会リーダー研修会実施要項

(9)市子連役員・学子連役員合同研修会実施要項

(10)日立市子どもまつり開催要項

(11)桐生市・日立市子ども会リーダー交歓研修会実施要項

(12)桐生市臨海子ども会実施要項

 

 

第19条 この会則は、総会において出席者3分の2以上の同意がなければ改めることが出来ない。

 附 則

この会則は、昭和62年3月7日から適用する。

 平成 6年4月17日 一部改正    平成 7年4月30日 一部改正

 平成 9年4月26日 一部改正    平成13年4月14日 一部改正

 平成15年4月14日 一部改正    平成17年4月17日 一部改正

 平成18年4月16日 一部改正    平成20年4月13日 一部改正

 平成22年4月18日 全部改正(第6条 役員の構成については、平成23年度から適

用する。)

 

    PDF会則はこちらからダウンロードできます。(PDF 122.1KB)   


掲載日 平成27年4月21日
【アクセス数